変速機

2018年2月27日 (火)

CVTに発進用ギヤを?

トヨタが変速機やエンジンの新技術を発表しました。
中でも目玉はCVTへの発進ギヤ追加。
これにより加速性能アップと高効率化を実現しているとか。
部品が増えて複雑になりますが、それを上回る効果があるんですかね。
それから次期オーリス用に2リッターのHV用エンジンも公開されました。
カムリの2.5リッターエンジンの技術を流用して、高い熱効率を誇るとか。
現行の1.8リッターシステムと順次置き換えられてくんでしょうか。
それにしても、トヨタもまめに技術発表するようになったもんです。

リンク: トヨタ、発進用ギヤ世界初採用のCVTなどTNGA技術で開発された新型パワートレーン技術説明会 - Car Watch.

2015年1月25日 (日)

GMがCVTを開発?

GMがCVTを開発しているようです。
米国ではステップ式ATが圧倒的に多いんですが、
今後厳しくなる燃費規制に対応するにはCVTが必要と考えている模様。
とりあえず3気筒とか4気筒エンジンの小型車と組み合わせて
2019年に市販するようですね。
米国では高速走行も多いんですが、割りと発進加速も多いので、
CVTはけっこう向いているのかもしれません。
実際、日産やトヨタが米国でもCVTのラインナップを増やしていて、
それなりに適正はあるんでしょう。
一部の識者にはバカにされてるCVTですが、
そう捨てたもんでも無さそうです。

リンク: GM Developing In-House CVT - HybridCars.com.

2013年3月21日 (木)

VWが中国で7速DSGをリコール

VWが中国で7速DSG(DCT)をリコールしています。
その数、実に38万台にも達するとか。
これは元々、中国で人気のテレビ番組で
同社の7速DSGで意図しない加減速が起きる
と指摘されたのがきっかけだそうです。
VWによれば、
原因は7速DSGの電子制御系や油圧系の不具合との事。
ただしステアリングやブレーキに影響は無く、
ドライバーは正常なハンドル操作やブレーキ操作が行えるとも。
中国だけでリコールしてるって事は、
現地生産での不良か、独自の制御に問題があるんですかねえ。
DCTもまだまだ若い技術ですから、
熟成には時間が掛かるんでしょうか。

リンク: フォルクスワーゲン、中国で7速DSGをリコール…38万台 | レスポンス.

2013年2月28日 (木)

ランドローバーが9速ATを

ランドローバーがジュネーブショーで乗用車用9速ATを公開するそうです。
これは独ZF社が開発したもので、
横置きエンジン用でトルコンを備えたステップAT。
1昨年の6月に発表されてますが(過去記事)、
いよいよ市場に投入されるようです。
従来の6速ATより6mm長くなるものの、
重量は7.5kg軽くなるんだとか。
多段化により燃費改善、加速レスポンスの向上、
変速ショックの低減
などが期待されます。
しかしまあ、基本的に高級車限定でしょうねえ。

英ランドローバー、世界初の乗用車用「9速AT」をジュネーブショーで公開(カーウォッチ 2/27)

2012年12月20日 (木)

クライスラーが9速ATを?

クライスラーが9速ATを内製するかもしれないそうです。
9速ATと言えばドイツのZF社製がクライスラーに採用される
のではないかと噂がありました。
それがロイターによると
 「クライスラーグループが2013年後半から、
 インディアナ州の工場で9速ATの自社生産を開始する計画」

との情報があるようです。
クライスラーでは9速ATを幅広いFF車に搭載する計画であり、
それを内製するからには量産によるコスト低減に目処をつけたとの見方も。
ちょっと信じがたい話ですが、一体どうなることやら。

クライスラーグループ、9速ATを自社生産か(レスポンス 12/19)

2012年7月26日 (木)

トヨタがCVTを中国で現地化

トヨタが中国でCVTを生産するそうです。
同社は中国江蘇省常熟市にCVTの生産子会社を設立。
2014年9月から量産を開始し、年間24万基を生産する予定だとか。
現地生産化でコストを下げ、販売を伸ばす目論見のようです。
CVTは平均車速の低い日本には向いていると言われますが、
中国ではどうなんでしょうか?
すでに一部の地場メーカーがCVTを導入しているらしいので、
それなりに見込みはあるのかも。
日本車のシェア拡大に役立つといいんですが。

トヨタ、中国にCVT生産子会社を設立 (産経 7/25)

2012年6月14日 (木)

トロイダルCVTが復活?

日本精工がトロイダルCVTの復活に動いているようですね。
これはベルトでは無く、ローラーで無段階に変速するCVTです。
同社は以前、日産のセドリック、スカイラインに
トロイダルCVTを供給していましたが、
06年からドロップされてしまいました。
最大の原因はコスト高だったようですが、
不具合が多かったという噂も聞きます。
しかしその後も改良を続けた結果、
省スペース化やコストダウンが進んだらしく、
自動車メーカーや部品メーカーに提案できるほどになった模様。
ひょっとしたら近々、採用の予定があるのかも。
日本精工は日産系の部品メーカーかと思ってたんですが、
実はトヨタが大株主になってるんですね。
それならトヨタのトロイダルCVT採用も夢では無いか?

日本精工、「トロイダルCVT」の課題克服・再投入へ(日刊工業新聞 6/14)

無料ブログはココログ